本文へ移動

公開特許

2020   2019   2018   2017         2016

2020

特開2020-200313    
アミン担持触媒を用いる交差アルドール縮合物の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2020-196685    
ベンゼン製造用触媒システム及びそれを用いたベンゼンの製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2020-186207    
自己乳化型ポリイソシアネート組成物製造用親水化剤、自己乳化型ポリイソシアネート組成物及び塗料組成物
――――――――――――――――――――――
特許6785390    
導電性ポリマー水性分散液、導電性ポリマー塗膜及びその製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2020-172431    
アルカリ遷移金属フッ化リン酸塩化合物及びその製造法
――――――――――――――――――――――
特開2020-164509    
ケイ素含有ジアミン、シランカップリング剤及び環状第三級アミン含有担体
――――――――――――――――――――――
特開2020-164503    
オルト構造を有するトリアジン化合物
――――――――――――――――――――――
特開2020-158452    
α-(アミノオキシ)カルボン酸類の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2020-158441    
有機電界発光素子に用いる環状アジン化合物
――――――――――――――――――――――
特開2020-147543    
2’-アリールビフェニリル基を有するトリアジン化合物
――――――――――――――――――――――
特開2020-146027    
糖鎖への親和性が向上したフコース結合性タンパク質、およびその製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2020-132537    
アライン発生方法及びそれを用いたポリオルトアリーレンの製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2020-132530    
アザフルバレン化合物、その製造方法及び電気化学測定用組成物
――――――――――――――――――――――
特開2020-128361    
スクアリリウム誘導体、その製造法、有機薄膜及び光電変換素子
――――――――――――――――――――――
特開2020-111737    
共役系高分子、製膜用組成物、有機薄膜、ならびに有機半導体素子
――――――――――――――――――――――
特開2020-100520    
酸化亜鉛修飾MFI型ゼオライト及びそれを用いた芳香族化合物の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2020-094034    
トリアジン化合物、有機電界発光素子用材料、及び有機電界発光素子
――――――――――――――――――――――
特開2020-090475    
ユウロピウム錯体
――――――――――――――――――――――
特開2020-079225    
芳香族チオノカルボン酸エステルの製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2020-079224    
トランス-2,5-二置換-1,3-ジオキサン誘導体の異性化方法
――――――――――――――――――――――
特開2020-079223    
トランス-2,5-二置換-1,3-ジオキサン誘導体の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2020-075884    
抗菌剤
――――――――――――――――――――――
特開2020-058343    
フコース結合性タンパク質の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2020-048524    
糖鎖が改変された抗体の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2020-033264    
ナフチレン基を有するトリアジン化合物
――――――――――――――――――――――
特開2020-029512    
自己乳化型ポリイソシアネート組成物およびそれを用いた塗料組成物
――――――――――――――――――――――
特開2020-025535    
フコース結合性タンパク質、その製造方法およびその用途
――――――――――――――――――――――
特開2020-006364    
アルデヒド含有水用処理剤
――――――――――――――――――――――
特開2020-006161    
アルデヒド捕捉剤
――――――――――――――――――――――
特開2020-006160    
アルデヒド捕捉剤
――――――――――――――――――――――
特開2020-006159    
アルデヒド捕捉剤

2019

特開2019-210213
ピリジニウム塩、その製造方法及びその用途
――――――――――――――――――――――
特開2019-206482    
ピラゾール誘導体、その製造方法及びそれを有効成分として含有する農園芸用殺虫剤
――――――――――――――――――――――
特開2019-203056    
3,4-エチレンジオキシチオフェン構造を有する共重合体
――――――――――――――――――――――
特開2019-201579    
細菌を用いた炭酸マンガン微粒子の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-196324    
9-(2-置換フェニル)-9H-カルバゾールの製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-196323    
9-(1-ナフチル)-9H-カルバゾール誘導体の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-189566   
カルボン酸プレニル類及びプレノール類の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-187817    
アルデヒド類の捕捉剤
――――――――――――――――――――――
特開2019-172618    
ブロックポリイソシアネート組成物及びその製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-156841    
アゾベンゼン誘導体及びその製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-147908    
自己乳化型ポリイソシアネート組成物
――――――――――――――――――――――
特開2019-147907    
自己乳化型ポリイソシアネート組成物
――――――――――――――――――――――
特開2019-147741    
イミダゾリウム塩及びその製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-145727    
有機半導体インキ、それを用いた有機薄膜の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-143018    
ポリカーボネートポリオールの製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-143017    
ポリカーボネート及びその製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-137613    
(ジアリールアミノ)カルバゾールの製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-135211    
チアゾール化合物及びその製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-135210    
ジチアゾロナフトジチオフェン化合物、その製造方法及びトランジスタ素子
――――――――――――――――――――――
特開2019-131500    
トリアジン化合物の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-116428    
トリアジン化合物とそれを用いた有機電界発光素子
――――――――――――――――――――――
特開2019-112341    
アリールトリアジン化合物とそれを用いた有機電界発光素子
――――――――――――――――――――――
特開2019-094332    
ユウロピウム錯体及びその用途
――――――――――――――――――――――
WO2019/103155    
ユウロピウム錯体
――――――――――――――――――――――
特開2019-064964    
第5族金属オキソ-アルコキソ錯体の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-044172
ジベンゾアントラセノチオフェン骨格を繰り返し単位として有する縮環高分子化合物とその製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2019-011286
ホスフィン化合物及びこれを配位子とするカップリング用触媒
――――――――――――――――――――――
特開2019-000063
未分化細胞の剥離回収方法
 

2018

特開2018-090563
9-(アリールアミノ)アリール-9H-カルバゾールの製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2018-065778 
2-ヒドロキシメチル-2,3-ジヒドロ-チエノ[3,4-b][1,4]ジオキシンの製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2018-065777
置換シクロペンタジエニルコバルト錯体及びその製造方法、コバルト含有薄膜及びその作製方法
――――――――――――――――――――――
WO2018/056374
改良型組換えFcγRII
――――――――――――――――――――――
特開2018-050616
改良型組換えFcγRII
――――――――――――――――――――――
特開2018-030792
アミジンを用いるトリアジン化合物の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2018-024818
N-ビニルイミダゾリジン-2-オン化合物とビニルエステル類とのランダム共重合体およびそれを用いた細胞培養用材料
――――――――――――――――――――――
特開2018-024817
N-ビニルイミダゾリジン-2-オン化合物とビニルエステル類とのブロック共重合体およびそれを用いた細胞培養用材料
――――――――――――――――――――――
特開2018-016763
N-ビニルイミダゾリジン-2-オン化合物と(メタ)アクリル酸エステル誘導体とのランダム共重合体およびそれを用いた細胞培養用材料
――――――――――――――――――――――
特開2018-000038
システインタグを付加したフコース結合性レクチン、および当該レクチンを利用した吸着剤

2017

特開2017-222609
キサンテン誘導体、その製造方法および当該誘導体を用いた癌細胞の検出方法
――――――――――――――――――――――
特開2017-218483
ポリ(3,4-エチレンジオキシチオフェン)とポリ(メタ)アクリルアミド誘導体-ポリスチレンスルホン酸-ブロックコポリマーとの複合体
――――――――――――――――――――――
特開2017-214289
ピラゾリノン誘導体、その製造方法及びそれを有効成分として含有する除草剤
――――――――――――――――――――――
特開2017-202992
(トリフルオロメチル)マロン酸エステルの製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2017-186536
光反応性ポリマー
――――――――――――――――――――――
特開2017-186300
オキソ-アルコキソ錯体の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2017-183543
酸化物膜を有する半導体電極とその製造方法、及び色素増感型太陽電池
――――――――――――――――――――――
特開2017-179289
光反応性モノマー及び重合体
――――――――――――――――――――――
特開2017-178908
改変型組換えFcγRIIb
――――――――――――――――――――――
特開2017-178833
三核ハフニウムオキソ-アルコキソ錯体及びその製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2017-178662
ナトリウム遷移金属2族金属フッ化リン酸塩化合物及びその製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2017-178661
アルカリ遷移金属フッ化リン酸塩化合物及びその製造法
――――――――――――――――――――――
特開2017-160145
トリアリールトリアジン化合物の製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2017-160144
4,6-ジクロロトリアジン化合物及びその製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2017-160143
トリアジン化合物及びその製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2017-160142
ピリミジン化合物及びその製造方法
――――――――――――――――――――――

WO2017/141910

多孔性架橋セルロースゲル及びその製造方法

――――――――――――――――――――――
特開2017-145199
含フッ素シロキサン化合物、その製造方法、それを含むコーティング剤及びガラス基材の表面処理方法
――――――――――――――――――――――
特開2017-132710
ピロロインドール誘導体及びそれらの製造方法
――――――――――――――――――――――
特開2017-128519
ジアルキル[2-(ピレニル)フェニル]ホスフィン、および、パラジウム化合物とこれからなる触媒
――――――――――――――――――――――
特開2017-123794
アルカリホスファターゼ及びその製造方法
――――――――――――――――――――――

WO2017/104619

置換シクロペンタジエニルコバルト錯体及びその製造方法、コバルト含有薄膜及びその作製方法

――――――――――――――――――――――

特開2017-071557 

ビス(β-ジケトナト)ジオキソモリブデン錯体を用いたカルボン酸プレニル類及びプレノール類の製造方法

―――――――――――――――――――――― 
特開2017-071556 

オキソバナジウム錯体を用いたカルボン酸プレニル類及びプレノール類の製造方法

―――――――――――――――――――――― 

特開2017-066069

ジチアゾロベンゾジチオフェン化合物、その製造方法及びトランジスタ素子

―――――――――――――――――――――― 
特開2017-066063

多孔性アルミニウム化合物及びその製造方法

―――――――――――――――――――――― 
特開2017-007975

置換シクロペンタジエニルコバルト錯体及びその製造方法、コバルト含有薄膜及びその作製方法

 

2016

特開2016-222547 

コバルト錯体及びその製造方法、コバルト含有薄膜及びその作製方法

――――――――――――――――――――――― 
特開2016-190826 

ヘテロアセン誘導体、その製造方法、有機半導体層、及び有機薄膜トランジスタ
――――――――――――――――――――――― 

特開2016-190790 

プレニルエステル類及びプレノール類の製造方法

――――――――――――――――――――――― 
特開2016-183114 

コバルト錯体及びその製造方法、コバルト含有薄膜及びその作製方法

――――――――――――――――――――――― 
特開2016-179968 

一置換(フルオロアルキル)エチレン類及びその製造方法

――――――――――――――――――――――― 
特開2016-166166 

コバルト錯体及びその製造方法、コバルト含有薄膜及びその作製方法

――――――――――――――――――――――― 
特開2016-150906 

直鎖状トリシロキサン化合物の製造方法

――――――――――――――――――――――― 
特開2016-147939 

ニトロフェノール化合物及びその製造方法

――――――――――――――――――――――― 
特開2016-149413 

色素増感材、その製造方法及び色素増感型太陽電池
――――――――――――――――――――――― 

特開2016-149358 

二次電池用電解液

――――――――――――――――――――――― 

特開2016-147939

ニトロフェノール化合物及びその製造方法
――――――――――――――――――――――― 
特開2016-147820

光学活性トリエチレンジアミン誘導体の及びその製造方法
――――――――――――――――――――――― 
特開2016-147819

第4族金属錯体、その製造方法、第4族金属含有薄膜の作製方法

――――――――――――――――――――――― 
特開2016-147812

 (2,2,2-トリフルオロエチル)ケトンの製造方法

――――――――――――――――――――――― 
特開2016-145315 

ポリ-N-イミダゾリドン構造を有する温度応答性ポリマー

――――――――――――――――――――――― 
特開2016-145198 

N-ビニルイミダゾリドン化合物、およびその重合体
――――――――――――――――――――――― 
特開2016-121121 

(フルオロアルキル)アレーンの製造方法

――――――――――――――――――――――― 
特開2016-060742
ピラゾリノン誘導体、その製造法及びそれを有効成分として含有する除草剤
――――――――――――――――――――――― 
特開2016-056158
ピラゾリン-3-オン誘導体、その製法及びそれを有効成分として含有する除草剤
――――――――――――――――――――――― 
特開2016-056157
ピラゾリン-3-オン誘導体及びそれを有効成分として含有する除草剤
――――――――――――――――――――――― 
特開2016-056156
ピラゾリノン誘導体、その製法及びそれを有効成分として含有する除草剤
――――――――――――――――――――――― 
WO2016/039404
ピラゾリノン誘導体、その製造方法、及びそれを有効成分として含有する除草剤
――――――――――――――――――――――― 
特開2016-008213
八核ニオブオキソ-アルコキソ錯体及びその製造方法

――――――――――――――――――――――― 
特開2016-008179
4H-クロモン誘導体、それらの製造方法およびそれらを用いる癌細胞の検出方法

相模中央化学研究所パンフレット
公益財団法人相模中央化学研究所
〒252-1193
神奈川県綾瀬市早川2743-1
TEL.0467-77-4112
FAX.0467-77-4113
------------------------------
公益目的事業
1.研究に関する事業:学術や産業の進歩・発展に寄与するため、化学に関する基礎研究から産業界との共同研究まで、総合的な研究事業を展開します。
2.研究成果等を広く一般の利用に供する事業:本研究所で生まれた研究成果は逸早く特許出願、学会発表、学術論文投稿等を通じて社会に公開するとともに、 産業界の要望に応じて可能な範囲でライセンスいたします。
3.人材育成に関する事業:大学学部学生や大学院生を受け入れ、化学に関わる基礎から専門的な教育を実施します。
------------------------------
TOPへ戻る