本文へ移動

電子材料化学グループ

メンバー紹介

メンバー
山縣 拓也:副主任研究員
      グループリーダー
青柳 圭哉:博士研究員 
西浦 利紀:博士研究員      
岩永 宏平:出向研究員
浅野 祥生:出向研究員
上村 淳也:北里大学大学院M1
眞船 龍生:北里大学理学部B4
 
 

研究内容

研究概要

特異な光学機能を有する有機電子材料の開発
本グループでは、複素芳香族化合物や有機金属錯体等が合成化学的分子変換に呼応し、特異な電子構造を発現することを利用し、優れた電気的・光学的特性(電界発光や近赤外光吸収能等)を有する新しい機能性有機電子材料の創出を目論みます。今年度は古典的な色素材料の持つ高い吸光度を活用することで、社会のIoT(モノのインターネット)化を支える高効率な有機光電変換材料や有機電気光学材料の開発に注力します。また新しい複素芳香族化合物の開発を通して電子輸送材料や水溶性蛍光材料などの開発も行います。これらの開発研究を通して得た有機電子材料に関する知的財産や、その分子設計理論などの研究成果を産学界へ提供し、社会及び経済の発展に寄与したいと考えております。

研究テーマ・内容

1.有機EL用電子輸送材料の開発
2.有機光電変換材料の開発
3.水溶性蛍光材料の開発
4.新規機能性色素の開発
 

グループニュース

2021-04-01
北里大学理学部4年生の眞船龍生君が外研生としてグループに加わりました。
2020-04-01
北里大学理学部4年生の上村淳也君が外研生としてグループに加わりました。
2020-04-01
芦谷直樹研究員が入所し、当グループに配属となりました。
2020-04-01
山縣博士が副主任研究員に昇格し、グループリーダーに就任しました。
2019-10-21
西浦博士の歓迎会を行いました。
2019-10-01
西浦博士が生物制御グループから異動し、当グループに着任しました。
2019-04-01
北里大学理学部4年生の金子凛平君が外研生としてグループに加わりました。
2019-04-01
青柳圭哉研究員が入所し、当グループに配属となりました。
2018-04-01東海大学工学部4年生の堂下和也君が外研生としてグループに加わりました。
2018-04-01岩永宏平出向研究員と浅野祥生出向研究員が当グループに配属になりました。
2018-04-01中嶋菜摘研究員が入所し、当グループに配属となりました。
2018-04-01 新しく電子材料化学グループが発足し、相原秀典副所長がグループリーダー(兼任)に、山縣拓也博士研究員がグループリーダー代理に就任しました。

発表論文・著書

著書

(1) ジケトピロロピロール誘導体の合成と機能材料への展開; 山縣拓也、有機合成化学協会誌, 2019, 77(8), 843-844.

公開特許

13.特開2021-031463:ビスアジン化合物
   相原秀典、山縣 拓也、齋藤仁志、新井信道、野村桂甫、平野雅也
12.特開2020-164503:オルト構造を有するトリアジン化合物
  新井信道、荘野智宏、岡  祐児、中村圭介、野村桂甫 、相原秀典、中野健央、早川直輝、佐藤宏亮、 工藤加菜、山縣拓也
11.特開2020-158441:有機電界発光素子に用いる環状アジン化合物
  相原秀典、山縣 拓也、中野健央、早川直輝、中嶋菜摘、小野洋平、新井信道、新屋宏和、荘野智宏、野村桂甫
10.特開2020-147543:2’-アリールビフェニリル基を有するトリアジン化合物
  相原秀典、山縣 拓也、中嶋菜摘、佐藤宏亮、新井信道、荘野智宏、野村桂甫
9.特開2020-128361:スクアリリウム誘導体、その製造法、有機薄膜及び光電変換素子
   山縣 拓也、浅野祥生、相原秀典、岩永宏平
8.特開2020-094034:トリアジン化合物、有機電界効果素子用材料、及び有機電界発光素子
   新井信道、山縣 拓也、中嶋菜摘、佐藤宏亮、相原秀典、荘野智宏、森中裕太、野村桂甫、新屋宏和、川島弘之
7.特開2020-075884:抗菌剤
   畑山耕太、山縣 拓也、中野  健央、相原秀典、伊藤博之、松本清児
6.特開2019-131500:トリアジン化合物の製造方法
   相原秀典、山縣 拓也、中村慎司、中野  健央内田直樹、田中剛
5.特開2019-116428:トリアジン化合物とそれを用いた有機電界発光素子
   相原秀典、山縣拓也、内田直樹、野村桂甫、田中剛、服部一希
4.特開2019-112341:アリールトリアジン化合物とそれを用いた有機電界発光素子
   相原秀典、荘野智宏、江川泰暢、山縣拓也、内田直樹、野村桂甫、田中剛
3.特開2018-168149:ジイミダゾロベンゾジチオフェン化合物、その製造方法及びトランジスタ素子
   相原秀典、山縣拓也、蜂谷斉士、渡辺真人、福田貴、上田さおり、宮下真人
2.特開2018-145152:トリアジン化合物とそれを用いた有機電界発光素子
   相原秀典、山縣拓也、内田直樹、野村桂甫、服部一希
1.特開2018-030792:アミジンを用いるトリアジン化合物の製造方法
   相原秀典、山縣拓也
 

連絡先

山縣拓也
副主任研究員(グループリーダー)
(公財)相模中央化学研究所 電子材料化学グループ
〒252-1193 神奈川県綾瀬市早川2743-1
TEL: 0467-76-9296 (実験室)
FAX: 0467-77-4113
E-Mail:t-yamagata "at"sagami.or.jp("at"を@に置換して下さい。)
-----------------------------
Takuya YAMAGATA,Ph.D.
Research Scientist(Assistant Leader)

Electoronic Materials Chemistry Group

Sagami Chemical Research Institute
Hayakawa 2743-1, Ayase, Kanagawa 252-1193, JAPAN
Phone: +81-467-76-9296 ( lab.)
Fax: +81-467-77-4113
E-Mail:t-yamagata "at"sagami.or.jp (replace "at" with @)

 
相模中央化学研究所パンフレット
公益財団法人相模中央化学研究所
〒252-1193
神奈川県綾瀬市早川2743-1
TEL.0467-77-4112
FAX.0467-77-4113
------------------------------
公益目的事業
1.研究に関する事業:学術や産業の進歩・発展に寄与するため、化学に関する基礎研究から産業界との共同研究まで、総合的な研究事業を展開します。
2.研究成果等を広く一般の利用に供する事業:本研究所で生まれた研究成果は逸早く特許出願、学会発表、学術論文投稿等を通じて社会に公開するとともに、 産業界の要望に応じて可能な範囲でライセンスいたします。
3.人材育成に関する事業:大学学部学生や大学院生を受け入れ、化学に関わる基礎から専門的な教育を実施します。
------------------------------
TOPへ戻る