本文へ移動

分析グループ

メンバー紹介

メンバー紹介

メンバー
山縣 拓也:副主任研究員
      グループリーダー(兼任)
荒木 怜子:研究員
山田 修輔:研究員
大塚 雄紀:博士研究員(兼任)
佐藤 宏亮:博士研究員(兼任)
髙山 亮 :博士研究員(兼任)
花村 仁嗣:博士研究員(兼任)
早川 直輝:博士研究員(兼任)
福原 賢司:博士研究員(兼任)
松本 周也:研究員(兼任)
山崎  学:博士研究員(兼任)
横井 大洋:博士研究員(兼任)
 

業務内容

本グループは、NMR装置、単結晶X線回折装置および粉末X線回折装置などの構造解析装置、光分析装置(UV-Vis、FL、IR)、自動融点測定装置、熱分析装置およびBET測定装置などの物性測定装置、HPLC、GC-MSおよびLC-MSなどの分離・分析装置を保有しています。これら分析機器類の保守点検に努め、常時信頼のおける分析データが得られるように維持管理し、各グループの分析業務の支援を行う。また、外部機関からの分析依頼にも応じます。

グループニュース

2020-04-01
荒木怜子研究員(専任)、山田修輔研究員(専任)、松本周也研究員(兼任)がグループに加わりました。
2020-12-17
分光蛍光光度計、フーリエ変換赤外分光光度計(日本分光製)を更新しました。
2020-04-01
山縣拓也副主任研究員がグループリーダーに就任しました。
2019-04-01
荒木啓介主任研究員がグループリーダーに就任いたしました。 
2017-07-01
井上宗宣副所長がグループリーダーに就任しました。
2016-04-01荘野智宏副主任研究員がグループリーダーに就任しました。
2016-03-30ガス循環式真空グローブボックス(ユニコ社製UN-800ZL)を導入しました。
2016-03-18 ガスクロマト質量分析計の新規導入に伴い、従来のGCMS-QP-2010はその役目を終え、廃棄しました。
2015-12-01
荒木啓介主任研究員がグループリーダーに就任いたしました。  巳上幸一郎博士研究員と貴志礼文研究員がグループに加わりました。
2015-08-17
ガスクロマト質量分析計(島津社製QP-2010SE)を導入しました。
2015-08-17
高速液体クロマトグラフィ装置(島津社製Nexera-i LC-2040)を導入しました。
2015-08-12
ガス蒸気吸着量測定装置(マイクロトラック・ベル社製Belsorp-max-11-N-VP)を導入しました。
2015-04-01 
荒木宏史副主任研究員がグループリーダーに就任いたしました。なお、平成22年4月より5年にわたりグループリーダーを務めてまいりました荒木啓介主任研究員は、平成27年4月1日をもって退任し、同日付けで分子機能化学グループリーダーに就任いたしました。
2013-08-06 研究活動の効率化を図るために、最新の核磁気共鳴装置(AscendTM Avance III HD 400MHz-NMR)を導入しました。先に導入したUltrashieldTM plus Avance III 400MHz NMR装置と合わせて2装置で測定可能となり、測定時の混雑も緩和され、測定時間も短縮されました。さらに、外部からの依頼測定にも迅速に対応できるようになりました。 また、新装置の導入に伴い、従来の250MHz-NMRと500MHz-NMRはその役目を終え、廃棄しました。

所有機器

核磁気共鳴装置

 UltrashieldTM plus Avance III 400MHz NMR (左)  AscendTM Avance III HD 400MHz NMR (右)

分光光度計

    赤外分光光度計 (日本分光製)
 分光蛍光光度計 (日本分光製)

X線装置

    SmartLab (Rigaku社製)
    R-AXIS RAPIDII (Rigaku社製)
    

質量分析計

    GCMS-QP-2010SE (島津社製)
     LCMS (Waters社製)

高速液体クロマトグラフ装置

    Nexera-i LC-2040 (島津社製)

融点測定装置

    MP-70 (Mettler Toledo社製)

熱分析装置

   DSA6220、TG/DTA6200、TMA/6100
   (日立ハイテクサイエンス社製)

ガス蒸気吸着量測定装置

    Belsorp-max-11-N-VP
   (マイクロトラック・ベル社製)

ガス循環式真空グローブボックス

    UN-800ZL(ユニコ社製)
 当研究所では、測定機器を無料でご利用になれます。利用条件などにつきましては、お問い合わせください。

連絡先

山縣拓也
副主任研究員
(公財)相模中央化学研究所 分析グループ
〒252-1193 神奈川県綾瀬市早川2743-1
TEL: 0467-76-9296 (実験室)
FAX: 0467-77-4113
E-Mail:t-yamagata "at"sagami.or.jp("at"を@に置換して下さい。)
-----------------------------
Takuya YAMAGATA,Ph.D.
Research Scientist
Analysis Group
Sagami Chemical Research Institute
Hayakawa 2743-1, Ayase, Kanagawa 252-1193, JAPAN
Phone: +81-467-76-9296 ( lab.)
Fax: +81-467-77-4113
E-Mail:t-yamagata "at"sagami.or.jp (replace "at" with @)
公益財団法人相模中央化学研究所
〒252-1193
神奈川県綾瀬市早川2743-1
TEL.0467-77-4112
FAX.0467-77-4113
------------------------------
公益目的事業
1.研究に関する事業:学術や産業の進歩・発展に寄与するため、化学に関する基礎研究から産業界との共同研究まで、総合的な研究事業を展開します。
2.研究成果等を広く一般の利用に供する事業:本研究所で生まれた研究成果は逸早く特許出願、学会発表、学術論文投稿等を通じて社会に公開するとともに、 産業界の要望に応じて可能な範囲でライセンスいたします。
3.人材育成に関する事業:大学学部学生や大学院生を受け入れ、化学に関わる基礎から専門的な教育を実施します。
------------------------------
TOPへ戻る